下関三菱は、あなたを待っています。

メッセージ

“Drive your Ambition”

「企業は人なり」をモットーに

人間の教育がもっとも重要だと考えています。
人と人の出会いを大切にし、じっくりと人間関係をきづいていくことによって、お客様からの信頼を得ることができると確信しています。
と同時に、働く仲間を大切にして、人と人の輪の中で企業活動を行い、地域社会に貢献できれば、それが当社の発展につながると確信しています。

代表取締役社長 上野 龍之介

下関三菱が求める人物像

人と人の出会いを大切にし、
じっくりと人間関係をきづいていくことが出来る人。

  • クルマが好き。
  • ワンチームとして多くの人と協力していけるコミュニケーション力がある。
  • 常にチャレンジ精神を持っている。
  • 新しい物事への積極性を持っている。

募集職種

営業スタッフ

お客様のカーライフに寄り添い、常にお客様にとって最適な提案ができる人材。

サービス(整備)スタッフ

お客様に、大切な一台を常に快適にお乗りいただくため、日々テクニックを磨き心配りができる人材。

スタッフ

電話や受付、車両業務や保険業務などの事務、ショールームでのお客様対応などの社内勤務。

スタッフインタビュー

Staff

先輩社員の声

城戸 正資

下関三菱自動車販売
営業係長
入社21年目

インタビュー

父が車の町工場を営んでいて、自動車専門学校卒業後にメカニックとして入社、その後営業に配属となりました。

仕事のやりがいはなんですか?
お客様に名前と顔を覚えてもらいたくて、お客様に毎月手書きで手紙を送っていました。今だにその手紙をもってくれているお客様がいらっしゃいます。
また、純粋に「ありがとう」っておっしゃってくれたり、「またよろしく」とかおっしゃっていただく時が営業として嬉しい瞬間です。
営業も沢山いる中でたまたま私から買っていただいて、この車を買って良かったなって思っていただければ最高の喜びを感じます。

下関三菱での働きやすさや社内の空気感についておしえてください
お客様の声を直に聞くのは営業ですが、サービスや保険担当者もお客様の声を聞こうという気持ちが強いのが下関三菱です。いざという時に感じる横の繋がりがとても頼もしく、働きやすいです。

下関三菱に就職を考えている方への一言メッセージ
社会に出て最初に出会う人ってその後の人生においてもとても重要だと思っています。自分の可能性を信じてどんどんチャレンジしてください。私と一緒に。

赤崎 弘幸

西京スズキ
副店長
入社13年目

インタビュー

私の経歴は少しイレギュラーで、大学卒業後に下関三菱に就職して営業をしたあと2年ほど他の会社に勤め、ちょうどスズキを立ち上げたタイミングでこちらにもどってきました。

普段はどのように仕事をされていますか?
副店長の役職ではありますが、お店一丸となって車を販売しています。末永くお付き合いいただいているお客様とは、今でも何か困ったときなどは私に相談しにいらっしゃいます。そういう時は今の仕事をやってて良かったなって思う瞬間です。

仕事で大切にしていることを教えて下さい
高価な車も低価格の車も、販売する努力はまったく同じです。車の販売って、売るときは一瞬なんです。例えば今日初めてお会いしてその場で購入を決めていただけるお客様もいらっしゃいます。でも購入していただいた後は5年10年と長いお付き合いをさせていただくことになります。ですから、今は毎月ご自宅に訪問するような時代ではありませんが、何か困った時にはすぐに対応して、この人から購入して良かったと思っていただけるよう心がけています。

下関三菱に就職を考えている方への一言メッセージ
社員に対して厳しい会社ではありませんが、そこに胡座をかいてはだめです。チームワークでお客様に接していくことが楽しく思える会社です。ぜひ一度来てみてください、きっと分かると思いますよ。

柴田 優介

シュテルン下関
営業責任者
入社2年目

インタビュー

私は他社にて車のセールスマンとして長年勤めた後、ご縁があってシュテルン下関へ。ここではセールスマネジメント業務を担っています。

マネジメント責任者として指導されていることとは?
基本としては、きれいな言葉遣いで、どなたにも同じようにきちんとご対応するということ。これは自動車ディーラーに限らず当たり前のことですが、これが最低限のレベルだと考えています。その上で、自分にはどんなプラスアルファが提供できるのか?スタッフには常にそこまで考えるよう指導しています。そうすれば、まだ自分が販売をしていない、引き継いだお客様にも、変わらぬ期待や信頼を置いていただけますので。

扱う商品の価値をどのように捉えていますか?
車に対する価値観は人それぞれで違いますが、普遍的なこととして、車は高額です。その金額の重みというのも人それぞれですが、どなたにとっても高額な買い物であることには変わりありません。どなたにもご満足いただきたい。街中で走行中、お客様のお顔を思い浮かべながら、そういったことをしみじみ感じるときがあります。

下関三菱に就職を考えている方への一言メッセージ
車といった高級なものを扱うのは、どのディーラーでも同じです。売るのも人、買うのも人です。だからメルセデス・ベンツへの興味の有無に関わらず、車や接客に興味のある方には気兼ねなく門を叩いてほしいと思っています。

池永 典生

下関三菱自動車販売
サービスメカニック課長代理
入社21年目

インタビュー

昔から車が大好きだったのでメカニックを志し、愛知県の岡崎にある専門学校を卒業して入社しました。

日常の流れや主な仕事内容は?
9時前に朝礼があり、9時から業務開始で、残業はほぼないです。車の整備や、車検関係の業務がメインです。安全にお乗りいただくための車検なので、規定通りの点検だけではなく、次の車検までの2年間、トラブルが起こらないようにするために必要なことは何か?を考え、細部にわたりチェック。劣化している部分など気付いた点があれば、より安心していただけるようお客様にご提案させていただいています。

最近の車の進化は目を見張るものがありますね
入社以降、いろんな車を整備してきました。電気自動車が登場したときは、それまでの車と構造が違うので、技術的なことや電気に関する知識関係を勉強しました。今もどんどん進化しているので、常に勉強は欠かせません。でもやはり好きな仕事だし、車への興味は絶えないので、楽しんで取り組んでいます。

下関三菱に就職を考えている方への一言メッセージ
まずは車が好きということ、興味がないと成長も難しいので、それが大事だと思います。そしてメカニックの仕事は事故を起こさないための、お客様の命を守る責任の大きな仕事です。その分、やりがいも大きいです。車好きな仲間をいつでも待ってます!

渡邉 豊

下関三菱自動車販売
サービスメカニック
入社1年目

インタビュー

幼い頃から物を組み立て作り上げる作業が好きでした。車好きになったきっかけは三菱デリカです。整備士になりたいと思い、高校は自動車科で学びました。自分で求人票を探し出し連絡、見学もして好印象を持ち、無事入社できました。

下関三菱は新入社員にとってどのような会社ですか
学校で学んだことと実際の現場での作業は全然違います。でもここでは先輩にじっくり丁寧に教えていただけるので、のびのびと作業に取り組めて、着実に成長できます。コミュニケーションも活発で、働く環境は良好だと思います。

入社以降、成長されたことは?
最初はネジの締め付けが甘かったり、先輩のチェックで指摘を受けることがありましたが、今は同じ作業でもより確実に、より早くできるようになりました。新しいことをたくさん吸収できて、毎日充実しています。これからも安全第一をモットーに、資格にもチャレンジして、お客様や社内でも認めていただける整備士を目指して頑張りたいです。

下関三菱に就職を考えている方への一言メッセージ
この会社では多くのことを学べて、整備士としての技術や知識の幅が広がり、成長を実感できます。ぜひ入社して一緒に頑張りましょう。

安藤 幹夫

シュテルン下関
フロント課長代理
入社28年目

インタビュー

当初は下関三菱サービスセンターに入社しましたが、その後シュテルン下関に所属となりました。

所属が変わって大変だったことは?
世界最高峰のメーカーなので、最初は戸惑いがありました。かなり厳しい研修を経て、資格試験に合格しました。1年かけて真剣に勉強しましたので、緊張の中でも普段通りの実技ができました。以降サービスアドバイザーの講習は5年に1度あり、スキルが落ちていないかの確認があります。また、車の機構が刷新された場合には必ず勉強会が実施されます。

シュテルン下関で働く上で大切にしていることは?
シュテルン下関では安全性や品格、全てにおいて最上級品を取り扱っています。だからといって特別な接客をしようということではなく、日本全国どこであっても同じクオリティのサービスが受けられるのが一流の証なので、その実現に日々努めています。また、弊社のお客様には、お乗りの車種に関係なく皆様に同等のご満足をしていただけるよう、スタッフ全員が心掛けています。

シュテルン下関に就職を考えている方への一言メッセージ
サービスフロントの仕事は車の知識や接客の技術が必要ですが、結局は人と人のお付き合いです。自分がされて嫌なことは絶対にしない、指摘をされたときは素直に謝って勉強の機会とさせていただく。そうした基本的なことに価値を見出して働ける仲間を待っています。

岩田 修司

下関三菱自動車販売
車両業務係長
入社9年目

インタビュー

ハローワークの求人を通じて下関三菱に入社。まったく異なる業種からの転職となりましたが、仕事自体には共通したところがあるので、違和感は感じませんでした。

仕事内容はどのようなものですか?
主に車両登録関係の書類を作成して、車検証を作る仕事です。資格は特に必要ありません。最初は何も分からなかったので上司に一から教えてもらいました。だいたい3か月くらいで慣れてきました。

成長した部分や、この先挑戦したいことは?
車両登録関係の業務以外に社内のネットワーク系の業務も任されるようになりました。パソコンの不具合にも対処しています。もともと知識があったわけではないのですが、独学で頑張りました。今後は上司が担当している車両手配、つまり車の仕入れの仕事にも挑戦したいです。売れ行きや仕入れ価格のちょうどよいバランスを予測することが必要な、とても判断の難しい仕事ですが、その分やりがいも感じられそうです。

下関三菱に就職を考えている方への一言メッセージ
下関三菱は風通しのよい会社です。自分の意見を言える環境が、ここにはあります。ここで、まずは何事にもチャレンジしてください。何とかなります!

木下 康弘

下関三菱自動車販売
保険事務主任
入社8年目

インタビュー

損害保険会社からの紹介で、地元で働けることをはじめとした雇用条件に納得して、転職しました。

仕事内容を具体的に教えてください
基本的にはお客様の自動車保険の管理をしています。書類のチェックや補償が適正であるかの確認、更新手続きなど。そして事故が発生したときは、補償内容の確認や、難しい案件であれば担当営業と一緒に対応します。募集人資格という資格が必要ではありますが、やはり経験に勝るものはないので、日々の積み重ねがスキルアップに繋がっています。保険は誰にとっても欠かせないものなので、仕事の知識が家族や友人へのアドバイスにも役立ちますよ。

心掛けていることや大切にしていることは?
やはり保険を扱っていますので、スタッフから信頼を得られるように相手の話によく耳を傾けるよう心掛けています。また、お客様の中には保険というと苦手意識のある方もいらっしゃいますので、ひとつずつ丁寧に、分かりやすい言葉でゆっくり説明することです。

下関三菱に就職を考えている方への一言メッセージ
下関三菱には、問題が発生したとき、誰にでも気軽に相談できる環境があります。和やかな雰囲気で、上司にも遠慮せず会話ができます。一緒に仕事をする仲間と良い関係を築き、自分の居心地の良い環境を作って、精神的な負担なくのびのびと私達と一緒に働いてみませんか。

応募の前に

よくある質問

会社内の雰囲気はどのような感じですか?

事務所内は社員同士が常にコミュニケーションを取り合い、明るくて働きやすい職場です。新しい仲間にも丁寧に教えてくれる先輩ばかりです。

残業はどの程度ありますか?

2020年度の社内平均残業時間は、 約5時間/月でした。担当する仕事の内容により異なりますが、突発的な残業はほとんどありません。

入社してから職場に配属されるまでの研修などについて教えてください。

職種によって異なります。詳しくは面接時にご説明いたします。

応募の流れ

応募フォームからご連絡
まずは本サイト記載の内容をよくご確認の上、エントリーフォームに必要事項を記入してご連絡ください。
書類選考
選考通過者には、メールまたは電話にて面接日の調整をさせていただきます。
なお、合否に関わらず選考の結果をご連絡いたします。
面接
事務所までお越しいただくか、 Zoomなどオンラインでの面接も可能です。
仕事内容や勤務形態・給与(報酬)など、遠慮なく本音でお話しましょう。
合否結果をご連絡
メールまたは電話にて合否結果をお送りします。
給与・待遇など最終の確認を行い、双方合意の上内定が決定いたします。
入社日に関してはご希望をお伺いし、弊社のスケジュールと調整の上決定いたします。
就業開始
就業を開始していただきます。
※採用時、能力により試用期間がある場合もあります。

お知らせ一覧

お知らせ
採用情報専用ホームページをアップしました
MENU